ボックス紹介&育成論【城ドラ】

ボックス紹介&育成論【城ドラ】

久しぶりのボックス紹介です。2017年10月の公式動画でのボックス紹介から8カ月が経ちました。その間に何が変わったかというと…
レベルが上がっただけ。キャラは1体も増えていません(笑)

現在は新キャラを取得するよりも、既存キャラ1体1体の底上げに重点を置き、育成を進めています。ある方が変態扱いしていましたが、自分でも変態だと思います(笑)。しかし、理にかなっているとも思っています。厳選育成は、今だからこそいい。
まずは、ボックスをご覧ください。

確定枠なし。リトライ3回。
レベル35は、なんと10体。この10体のうち9体がソコヂカラレベル9まで開発済みです。厳選のためD1装備が取れないキャラもそれなりにありますが、このソコヂカラで、最上位勢との性能差のキャッチアップを図ります。
いずれは全ての選出キャラをソコヂカラフルにしたいと考えています。
※ソコヂカラをフルにすると、D1装備と同等のステアップが見込める(YASU調べ)

団子フルはゴーレムとサイクロプスのみ。フルは固定のこの2体だけで、あとはある程度均等に振っています。


アーチャーと魔法使い、フェアリーを除き、攻撃と体力に3回ずつ振り分けています。

今後も新キャラは取らず、既存のキャラの底上げをひたすら続けていこうと考えています。



※この画像プラス、エルフとチビクロの銀、調査兵団の金があります

バッジは銀を中心に取得。
金バッジキャラを引くことよりも、『手札バランスの安定感を優先』しています。
金バッジにそれほど執着していないんですよね。金バッジを引こうとして、手札のバランスが崩れる方が嫌。
銀でもそれなりに活躍できるので、それプラス手札バランスが良ければ、それなりに勝てるという判断です。
ただ銀もほぼ取りきったので、これからは徐々に金バッジを増やしていきます。

この考え方はYASUさんら最上位勢の金バッジを量産すべきという考え方とは違っていて、ぼくはゴレサイクロという特殊な固定のため、戦績を安定させるには、金バッジよりも手札バランスの方が大事、と考えているわけです。

トロフィーのD1はもう取れるものがありません。
D0はサイクロプスをようやく取りました。次はゴーレム、その次はキラービーを狙っていきます。

なぜ、こういった育成方針になったかというと、一言でいえばあまりお金をかけたくないから。
課金をしないで、しかし上位勢に対抗できる戦力を構築するには、この厳選型の底上げがベストだと思っています。
最新の強いキャラには憧れますし、欲しいなとも思いますが、そこはガマンですね(笑) 新しくキャラを育てるより、その分一体一体を強くしていく。

見据えているのは、全選出キャラソコヂカラフル。そしてそれなりに団子を振り分けること。D0もできるだけ取りたいですね。補欠枠が増えれば、金バッジ取得用キャラも取っていきます。

なぜ厳選育成がいいか?
理由は2つ。選ばれるキャラは、剣士とリーダーとサブリーダーを除き4体だけだということ。
そしてソコヂカラやD0が導入されたということ。1体1体を底上げする価値が、今はあるということです。

実際やってみると、新キャラを相手にするには非常に辛かったりもしますが(苦笑)
しかしそれでも、ここまでに述べた理由から、厳選育成はそれなりに有用な育成方法だと思います。