推薦人の声〜仲間たちからのメッセージ〜


ジミー さんより

みしきぜさんを一言で表すなら── “考察の達人”

城ドラにおいても、ドラクエライバルズにおいても、とにかく試行を重ね、自分のプレイの無駄を省く。

ひとつひとつのプレイにしっかりとした意図があり
「なぜこうしたの?」と聞けば必ず答えが返ってきます。

そして、それを人に伝えたり、教えたりする事にとても長けています。

トップランカーの中には僕を含め、感覚重視でプレイしている方も多いです。

剣士の置き方、大砲の打ち方、キャラの出し方、ひとつひとつの行動にここまで試行を重ね、答えを出しているプレイヤーはみしきぜさんだけではないでしょうか。

もし、あなたが強くなりたいのなら、答えはこのブログの中にあるのではないかと僕は思います。

はっきり言って“必見”です。


ジミー


りあ さんより

「みしきぜさんってどういう人?」

そう聞かれたら私はもちろん一言では答えることができません。
みしきぜさんと知り合ったきっかけはゲームでしたが、関わり合いが多くなる中でみしきぜさんの人間性や価値観の幅広さ、奥深さを感じ、何かあればみしきぜさんに相談してみよう、そんな気になるのです。

みしきぜさんの魅力的なところ(私個人の見解です。) ──

‥‥‥‥‥

(1)常識、モラルを重視し、論理的に物事を考え情報発信や応対をする。

→SNS上には本当に様々な人がおり、価値観や考え方もみんな違いますよね。
自分の考えや言動に対して批判する人ももちろんいます。
そんな時みしきぜさんは、自分の価値観と合わないからと言って完全否定するわけではなく、きちんと相手の意見を承認し、自らの価値観や行為を絶対化することなく他者に承認してもらえるよう投げかけています。

‥‥‥‥‥

(2)自分のやるべき事ややりたい事には熱意を持って取り組む。

→みしきぜさんは既婚者であり、お子さんもいらっしゃいます。
そのような環境でも自分の趣味の時間を作り、楽しめているのは何故でしょうか。
みしきぜさんはかなりの愛妻家で本当に家庭を大事にしており、家事の手伝いや家族サービスを怠ることなくしているので「これだけしてくれている」と家族に充分に満足してもらえているからだと私は思いました。
さらに、趣味の1つとして「城とドラゴン」というゲームがありますが、みしきぜさんはゲームについてのレポートを作成したり、非公式のイベントの運営に携わったり、公式の動画に出演したりなど、自分が楽しむためだけでなくプレイヤー含むゲーム全体を盛り上げていくための活動もしていらっしゃいます。
家庭の事、趣味の事と手を抜くことなくここまで愛情や熱意を持ってできるというのはとても容易いことではありません。

‥‥‥‥‥

(3)異性の気持ちを理解し、行動しようとしている。

→よく聞く話ですが、男性と女性という違いでも、ものの見方や考え方が違います。
特に恋愛に関してはお互いに理解し合うのはなかなか難しいところがあります。
前にみしきぜさんと私を含め、5人で飲み会が開かれましたが、女性4人に対して男性はみしきぜさん1人でした。
男性1人…想像してみると会話に入れるのかとか浮かないかなどと色々な疑問も出てくると思いますが、みしきぜさんは女子トークに違和感なく入り込み、さらには私たちも驚いてしまうくらいに女性の気持ちや考えを理解していました。
従って、みしきぜさんの恋愛観は男性目線だけでなく異性である女性目線も含めて考えられるものであるので、共感できる方が多いのではないかと思います。
(少なくとも私は共感しました。恋愛観の詳細についてはブログで語ってくださると思います。)

‥‥‥‥‥

以上、みしきぜさんの魅力を3点に絞って紹介させていただきました。

この3点から、みしきぜさんは自分の価値観をしっかり持っており、自分がやると決めたことには全力で向き合い行動し、様々なことを多方面から観察し、常にアンテナを色々な方向に向けているといった印象が持てます。
それがゲームの上手さにも繋がっていると思いますし、みしきぜさんの周りには良い意味でも悪い意味でも人が集まってくるのだと思います。
そんなみしきぜさんのブログが読めることを、私はとても楽しみにしております♬


りあ


友作(旧ディズ) さんより

みしきぜさんとは城とドラゴンというスマートフォンゲームで出会い、1回だけ二人だけでオフ会をさせていただきました。
Twitter等でやりとりをすることも多く、良きお兄ちゃんのように接することができます。

城とドラゴンの公式動画でも伺えるように、実際のみしきぜさんも非常に誠実な方であり、また正義感に溢れています。

城ドラ甲子園、Dリーグ等でのご活躍により人望も厚く、また奥さん、お子さんへの愛も尽きない、と非常に羨ましく溢れ出る嫉妬心が止まらずその幸せ少しくらい私に分けてくれてもいいんじゃないっと、失言を失礼致しました。

トーク力、文章力、人を惹きつける力が兼ね備わっており、アビリティ3金バッジD0付きのような方です。
(スーパーサイヤ人3が海賊王になって火影も兼任している感覚)

ゲームだけではなく普段から倣うことが多いため、今後のさらなる成長とご活躍に、期待の胸が大谷翔平選手の少し下くらいまで高まっております。


友作(旧ディズ)


ハルキャット さんより

「みしきぜさんがブログを始めるらしい」

そんな噂を小耳にはさんで、胸を躍らせたのは私だけではないはずです。

城ドラランカーとしてももちろん有名ですが、他のゲームでもあっという間に頂点に近いところまで上り詰めていく姿は圧巻です。ルールをこれだけ熟知した上で、コンスタントに勝ち続けることができる人はそういないのではないかと思います。
そんな我らが愛の漢みしきぜさんが、ついに満を持して、みしきぜ哲学を披露してくれるとは…!!

以前より、キャラ愛なくしてはできないと思われる美技の数々を余すことなく記したレポートを拝読していまして、初めてお会いしたのはオフ会でした。
さわやかすぎて、軍師っぽい怖い人を想像していたので、そのイメージは吹き飛びました(笑)
誰分け隔てなく接してくれるので、平凡プレイヤーのひとりである私でもいまもこうしてお話しをさせていただくわけですが。
女子トークにもさらっとついてこれる地頭力の良さは、必見必聴です。

キャラ愛だけでなく、城ドラ愛に溢れているみしきぜさんは、ユーザーフレンドリーを、運営側にもユーザー側にも提供・提案してくれていて、本当に感銘を受けます。
みしきぜさん主催なら…と思って参加された人は数知れずでしょう。

曲がったことは嫌いで、時々過激でストレートな言葉を聞いたとしても、それも仁義を通す漢ゆえw
そんな愛の漢の言葉と思いがつまったゲーム論×哲学のマリアージュが楽しみです。


ハルキャット


YASU さんより

みしきぜさんはほとんど課金してなくて、キャラも古いのに、どうして勝てるのだろう。
そう思ってる方はたくさんいらっしゃるはずです。
私なりの答えは、みしきぜさんは

(1)ひたすら考える
(2)失敗から学ぶ

の2点が大きく影響していると考えています。

城ドラーの中でも理論派といえば、真っ先にみしきぜさんを思い浮かべます。
キャラの考察、最善の使い方、状況判断を常に意識してます。
それが少しづつコスト差として現れ、勝利に繋がっていくのだと思います。

また、みしきぜさんは負けず嫌いです(他のランカーの方も皆さんそうだと思いますが…w)。
同じ失敗を繰り返さないために、負けた試合のリプレイを見直して考察していると伺ってます。
普通、負けた試合は言い訳したり、認めなかったり、なかったことにして蓋をしてしまいます。
そして、また同じ失敗を繰り返してしまう。
でも、みしきぜさんは反省すべきことはしっかりと反省し、その失敗から何かを学んでいます。
それが強さの原点に繋がっていると思います。

そんな強くて、理論派なみしきぜさんがブログを始めるようです。
これは見ざるを得ないでしょうw
私はどちらかというと感覚でプレイする人間なので、みしきぜさんのブログで色々勉強するのが楽しみです。


YASU


ひふみいたる さんより

みしきぜさんを知ったのは城ドラで。

はじめはトップランカーの強い人という認識だったのですが、
レポートを読んで一気にファンになりました。

キャラ別の特別レポート。
サイクロプス、ゴーレム、グリフォン、マタンゴのキャラの特徴と運用方法をまとめたレポートは驚きの連続でして、独特な視点、深い洞察、わかりやすい解説で虜になった人も多いはず。
僕も100人くらいにおススメしたと思います(笑)

城ドラをやってなくても楽しめるレポートで有料であっても僕は買ったと思いますし、
1000回くらいは読み直しました(笑)

それくらい読み物としておもしろくインパクトのあるものだったのですが、レポートだけではなく、ツイッターなどでの情報発信も城ドラ界全体を良くしようという黄金の精神を感じられるものばかりです。

情報発信に止まらず、ユーザー主導の大規模なイベント「城ドラ甲子園」や「Dリーグ」などを開催し、大きな成功を収めています。

アソビズム公式チャンネルにも出演していますし、城ドラユーザーで知らない人はいないのではないかというほどの人。

そんなみしきぜさんと幸運にもオフ会やフェスで何度かお会いでき、今でも仲良くさせていただいています。
城ドラに限らず全てにおいて深い洞察と暖かい気持ちで配慮ある付き合いが印象的なみしきぜさん。

みしきぜさんの全てが詰まったみしきぜテーマパークとも言えるこのブログでみしきぜさんを堪能してもらえれば♪


ひふみいたる


←《 みしきぜプロフィール 》を見る